内科で受けられる栄養食事指導とは?

正しい食生活を指導してもらえる

人間が健康に生きるためには毎日の食事の果たす役割がとても大きいです。食事の内容に偏りが生じてしまうと、本来必要な栄養を十分に摂ることができなくなります。また、必要以上に特定の栄養ばかり摂取することにもつながります。その結果、さまざまな生活習慣病が引き起こされる可能性があり、とても危険です。
このような人のために内科のある医療機関では栄養食事指導を実施しているところが多いです。正しい食生活の仕方、栄養の摂取の仕方について教わることができます。

栄養食事指導を受けるべき人

現在、すでに生活習慣病になっている人は栄養食事指導を受けるべきでしょう。生活習慣病は、それを引き起こしている原因を取り除かなければ治療がスムーズに進まなくなります。どれだけ薬を飲んだとしても、それは症状を抑えるだけであり、症状を改善させるためには日頃の食事の改善をすることが必要だからです。生活習慣病としては、高血圧や糖尿病、脳血管疾患、脂肪肝といったものがあります。健康診断などでこれらの病気のリスクを指摘されたならば、栄養食事指導を受けることを検討してみましょう。

栄養食事指導の内容とは?

実際の指導はそれぞれの患者に合わせた内容となっています。現在の病態に合わせて最適な食事の仕方を教えてくれるのです。栄養食事指導は基本的に保険適用を受けることができます。病気の治療の一環として行われるからです。管理栄養士がクリニックにいて、一緒に相談しながら食事の内容を考えていきます。たとえば、日々の食事の記録をつけて提出して、アドバイスを受けることが可能です。それぞれのライフスタイルに適していて、嗜好も考慮したうえで、続けやすい食事内容を提案してくれるでしょう。糖尿病などの場合は、医師の指導も受けながら食事療法を行うことになります。

栄養食事指導の注意点

実際に栄養食事指導を受けるのであれば、きちんとアドバイスにしたがうことが大切です。また、食事の内容だけではなく、摂り方も重要です。たとえば、1日3回規則正しく食事をすることが大切です。ゆっくりとよく噛みながら食べることによって、食べ過ぎを防止することができます。アドバイスにはきちんとしたがい、さぼったり、誤魔化したりしないように注意しましょう。外食をするときにも、食事の内容には注意しましょう。家族の協力も得ながら、適切な食生活を続けられるように努力してください。また、食生活を変えたことで変化や問題が起きたならば、すぐに相談しましょう。

大阪市旭区で有名なさくらクリニック

カテゴリー: 西宮の整体